英語学習

実践済!社会人から英語を話せるようになるオススメの2つの方法

社会人,英語,話せるように

あかみち
あかみち
どうもこんにちは!管理人のあかみちです!

英語が話せる人に憧れる、英語が話せるようになりたい、でももう社会人で留学する時間もないし、私がこれから英語を話せるようになるなんて無理かな。。

そんな風に思っているあなた。

大丈夫です。

私は30代になるまでは全然英語に興味もなく、TOEICも500点程度の英語力ゼロサラリーマンでした。

そんな私ですが、あるきっかけにより英語の勉強を始め、留学無しで英語が話せるようになりアメリカに半年間住んだりするようになります。

この勉強を通じ、TOEICスコアも500点から900点へアップ英検準一級も取得できました。

あかみち
あかみち
今では海外企業と日々バリバリと英語で仕事してます!

では、私はどうやって英語を話せるようになったのでしょうか?

今回は私が英語を話せるようになるために行った2つの具体的な取り組みについてご紹介したいと思います。

  • 社会人で英語を話せるようになりたい人
  • 留学無しで英語を話せるようになりたい人
  • 30代から英語を話せるようになりたい人

といった方々は是非読んでみてください。

英語を話せるようになりたいと思ったきっかけ

私が英語を話せるようになりたいと考え始めたのは、仕事で海外向けの商品に携わることになり、将来的に海外工場と英語でやり取りしなければならない可能性が出てきたことがきっかけでした。

あかみち
あかみち
社会人で英語を話したいと悩んでいる方は、私のように仕事がきっかけという方が多そうですね!

その海外向けの商品を担当している人は結構たくさんいたのですが、私の所属する技術部門には流ちょうに英語を話せる人が一人もいませんでした。

そんな状況もあり、「若手やったら英語得意やろ!」という感じで英語を使う業務を私へ全て丸投げされそうな空気感もあり、このままではまずいと感じ、英語を勉強することを決意しました。

ポジティブに考えると、私の部門ではろくに英語が話せる人がいなかったので、少し英語が話せるだけで人材価値爆上げじゃない?」と下心もあったのも事実です。

当時の私の英語スペックは以下の通り

  • リスニング :良くもないし悪くもない(当時のTOEICリスニングは300点くらい)
  • リーディング:リスニングより苦手(当時のTOEICリーディングは200点くらい)
  • スピーキング:簡単な文章も作れない。自己紹介するだけで手汗がでる。
  • ライティング:英語のメール一通打つのにGoogle先生に100回くらい問い合わせ。

英語を全く勉強していない一般大学生って感じですね。。。。

あかみち
あかみち
この3年後に私は半年ほどアメリカ住むことになります。人間何が起こるかわかりません。笑

それでは私が英語を話せるようになるために行った2つの具体的な取り組みについてご紹介していきます。

1.GABAマンツーマン英会話に2年間通った

まず初めにやったこと、それは「GABAマンツーマン英会話に通ったこと」です。

いきなり英会話?と思う方もいるかもしれませんが、私はあえてお金がかかる方法を選んだんです。

先に大金を払うことにより勉強に身が入るんですよね。結果を出さないとお金が無駄になる。

実際に、GABAマンツーマン英会話に通うことは、英会話を学ぶだけでなく、自分のやる気に火をつける非常に大切な役割を持っていたなと感じます。

私がGABAに2年間通った効果ですが、こんな感じです。

  1. 「一人で海外に放り出されても生きていける」と思えるくらい英会話に自信がついた。
    GABAのレッスンを通じて、色々な言い回しが身につくので、多少わからない単語があっても、他の言い回しでなんとかできるだろうと思えるようになりました。
  2. 対策なしでTOEICの点が775点まで上がった。
    GABAに入った当初の私のTOEIC点数は500点くらいでしたが、1年間GABAのレッスンを受けた後に対策なしでTOEICを受けたときに700点。2年目終了時に再度対策なしでTOEICを受けた際に775点を取ることができました。
  3. 英語が好きになった。(勉強から趣味へ)
    GABAのレッスンを通じ、英語を使ってさまざまな国籍の人と意思疎通ができることの楽しさを知りました。結果、英語の勉強が苦ではなくなり、趣味になりました。
    私にとって、これが一番良い効果であったと思います。
  4. 会社の人たちに一目置かれるようになった。
    ある海外出張をきっかけに私=英語話せるキャラが広まっていき、周りの人たちに一目置かれるようになりました。「あいつは英語が話せるからいつか頼りになるかも。無下にしないようにしておこう。」といった感じでしょうか?笑
    なんか仕事がやりやすくなりましたね

GABAでの2年間の英会話レッスンは私にとって本当に有意義な時間であったと感じています。

仕事でもすごく役に立ちましたし助けられました。
※GABAに通い始めて1年くらいたったころ、海外工場と英語で電話会議を定例で実施する必要がでてきたときは、本当にGABAに通っておいてよかったと心から思いました。

英会話教室は高額ですし、少し面倒に感じるかもしれませんが、ここで一歩を踏み出すと、1年後の皆さんの未来は大きく変わると私は思います。
少なくとも、GABAで私の未来は大きく変わりました。

英会話教室に興味があるかたは、GABAはとてもおすすめです。
無料体験レッスンを実施中ですので、まずは是非雰囲気を感じにお近くの教室まで行ってみることをおすすめします。

公式サイトはこちら

GABAのレッスン内容や良いところなどは別の記事にまとめていますので良ければ読んでみてください。↓

GABAマンツーマン英会話
効果絶大!30代英会話初心者がGABA2年間で英語ペラペラになった話TOEIC900点・英検準一級を取得し、アメリカに住んだりする経験をした私がやってきた英語学習の中でもすごくやってよかったと思っているものが「GABAマンツーマン英会話」です。 今回はGABAマンツーマン英会話について、私の実体験を通じてメリットや効果をお伝えします。...

2.通勤中に瞬間英作文をやり倒した

私はGABAマンツーマン英会話へ通うのと並行し、瞬間英作文という英会話トレーニングを行っていました。

みなさんは瞬間英作文をご存知でしょうか?

瞬間英作文とは「非ネイティブが英語を話せるようになるための最良の勉強法」と私は思っています。

日本人の多くはリスニング・リーディングはぼちぼちできるが、スピーキングができないという人が多いです。
この主要因として、義務教育でスピーキングをやってこなかったことも原因の一つではありますが、文法の構造が違いすぎるので、言いたいことをすぐに英語に変換できないことも原因として挙げられます。

例えば皆さんは

「なぜここに立っているのですか?」を英語で言ってください。

といわれたときにどう考えますか?

おそらく英語のネイティブではない皆さんは

“え~と、なぜだからWhy、立つはStandで現在進行形だからbe動詞をつけて。。。”

といったように頭で考えてから

「Why are you standing here?」

と英文を作るのではないでしょうか?

こういったように、日本人のほとんどの人は、頭の中で日本語から英語に変換する作業をして英語を話そうとします。これは致し方ありません。だって我々はネイティブではないですもの。
英語で聞いて英語で考え英語で話すという次元へは、簡単にたどり着けないのです。

では、そんなネイティブではない私たちが英語を話すためにすべきことは何なのでしょうか?

それは、

日本語⇒英語への変換時間を極限まで短くする。

あかみち
あかみち
非ネイティブが英会話をするためには、これしかありません!!

これを実現するためのトレーニングが瞬間英作文なんです。

瞬間英作文とは文字通り、瞬間的に英作文を行うことです。

例えばですが、

これはペンです。⇒ This is a pen.
私は久美です。⇒ I am Kumi.

といったように、日本語で書かれた文章をスピーディに英語に変換する作業を反復して行うトレーニングになります。

このトレーニングのいいところは歩いてるときや電車の中などの通勤中にできることです。

  1. 日々の通勤中に瞬間英作文トレーニングを行い会話レパートリーを増やす
  2. そのレパートリーをGABAで実践しネイティブとの会話に慣れる

というサイクルで生活を行うことにより、飛躍的に英会話力が向上しました。

あかみち
あかみち
GABA+瞬間英作文は本当におすすめの英会話トレーニングです!

瞬間英作文の効果1:言いたいことがすぐ英語で言えるようになる

先ほど紹介したような簡単な文でも、初めは英語に変換するのに時間が掛かったり、英文が思い浮かばなかったりします。

それでも気にせず、同じ問題で何度も反復練習し、自分の身体に染み込ませていくことで、最終的には日本語の文を見た瞬間に、勝手に英語の文が声に出てくるにようになります。 瞬間とはよく言ったものですね。

何故勝手に出てくるようになるのかというと、このトレーニングを通じ、頭の中に英語の回路が構築されるからです。

英語の構文は非常にシンプルで、中学で習った構文さえあればほとんどの会話が成立しますし、構文の種類もせいぜい数十種類程度です。
瞬間英作文では、これらの構文を身体に染み込ませることをしていきます。構文の種類も限られているので、常人でも可能です。

構文が身体に染み込むと、日本語の文章を見た瞬間に「この英文パターンだとこの構文かな?」というのが感覚的にわかってきます。
なのであとは、英単語という回路パーツを構文に組み合わせることで、英語の文章が完成し、話すことができてしまうのです。

その結果、日本語⇒英語への変換時間を極限まで短くすることができ会話が成立するスピードで口から英語が出てくるようになるのです。

瞬間英作文の効果2:スピーキングだけでなくリスニング・リーディング・ライティングにも効果的

瞬間英作文をひたすらやり込むことで、瞬時に英文を作る力が身につきます。

この勉強法の主目的はスピーキング強化なのですが、なんと結果的にリスニング力・リーディング力・ライティング力も爆上げしてしまうんです!

あかみち
あかみち
一石四鳥ですね!!
  1. 話せることは聞くことができる=リスニング力アップ
  2. 構文理解すると正しく文章が読める=リーディング力アップ
  3. 話せる文章が増えるので書ける文章も増える=ライティング力アップ

よって、瞬間英作文の勉強はTOEIC・英検にも効果的なんですね!

瞬間英作文の効果3:英語が英語で理解できるようになる土台ができる

私の経験上、やはり英語を英語で理解する脳を作るには、英語の環境に身を置くしかなく、日本でそれをやるためには、英会話をひたすらやることでしか実現できないと思っています。

瞬間英作文トレーニングをやり切ることができると、英語を話す自信がつきますので、
その結果、次のステップ「英会話」へすっと入っていくことが可能です。

よって、瞬間英作文をやりきることは、非ネイティブが英会話で挫折を味わうことなく、英語を英語で理解するための土台を作ることにつながります。

瞬間英作文の具体的なやり方良いところなどは別の記事にまとめていますので良ければ読んでみてください。↓

瞬間英作文
【効果絶大】1ヶ月で効果を実感!! 瞬間英作文で英語が話せるようになるやり方とおすすめ教材今回は1ヶ月で効果を実感できる、瞬間英作文で英語が話せるようになるやり方とおすすめ教材について説明します。 英語を話せるようになりたい人、通勤時間に英語学習したい人、瞬間英作文のやり方を知りたい人、瞬間英作文に興味がある人 は是非読んでみてください♪...

おわりに

今回は私が英語を話せるようになるために行った2つの具体的な取り組みについてご紹介させていただきました。

私は今回ご紹介した2つの取り組みだけ愚直に2年間続けました。

その結果、気付いたら英語が話せるようになっていて、見える景色が変わっていました。

日本人の中で、外国人と対等に英語を話して働ける人材は本当に少なく貴重です。

英語が話せるようになったとき、この価値と恩恵を感じることが出来るようになると思います。

今回ご紹介した私の経験談が、英語を話せるようになりたい皆さんの参考になればうれしいです。

GABAマンツーマン英会話
効果絶大!30代英会話初心者がGABA2年間で英語ペラペラになった話TOEIC900点・英検準一級を取得し、アメリカに住んだりする経験をした私がやってきた英語学習の中でもすごくやってよかったと思っているものが「GABAマンツーマン英会話」です。 今回はGABAマンツーマン英会話について、私の実体験を通じてメリットや効果をお伝えします。...

公式サイトはこちら

瞬間英作文
【効果絶大】1ヶ月で効果を実感!! 瞬間英作文で英語が話せるようになるやり方とおすすめ教材今回は1ヶ月で効果を実感できる、瞬間英作文で英語が話せるようになるやり方とおすすめ教材について説明します。 英語を話せるようになりたい人、通勤時間に英語学習したい人、瞬間英作文のやり方を知りたい人、瞬間英作文に興味がある人 は是非読んでみてください♪...